FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら家入一真さんの「こんな僕でも社長になれた」を買いました

先日、渋谷ハックという家入一真氏の街頭演説に参加したことはこのブログでも紹介しました。
参考記事:【都知事選】家入かずまの街頭演説イベント「渋谷ハック」に行ってきた


あのイベントに参加して家入一真という人に少しばかり興味を持ったので、本日1冊本を買ってきました


新装版 こんな僕でも社長になれた / 家入一真
R1054431.jpg


実はこの本、ホリエモンこと堀江貴文さんの去年執筆された本
「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」の中で、
1冊目に紹介されたのがこの本だったんです
参考記事:【読了】堀江貴文「ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた」

「いつか読みたいなあ」と
漠然と考えていたところで、先日の渋谷ハック開催

このタイミングを逃すともうずっと読まないだろう

いつもの自分の習性の傾向と対策でございます
思い立ったが吉日。早速買ってまいりました

ギラギラした所謂「THE 起業家」なイメージとは真逆の人間が
いかにして起業しIT企業社長となり、株式上場まで引っ張って行ったのか。

また、そんなビジネス的な面だけでなく家入一真という人間が
どんな人生を経験して、どんな考えを持つようになったのか。
そして、それが今にどう繋がっているのか、なんてことを意識して読み進めていきたいネ

ホリエモンのゼロを読んだときも思ったけど、その人の歴史を感じる本って
本当におもしろいな~

今から読むのが楽しみッス

新装版 こんな僕でも社長になれた
家入一真
イースト・プレス
売り上げランキング: 1,629

お金が教えてくれること
大和書房 (2013-11-15)
売り上げランキング: 581

もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。 (U25 Survival Manual Series)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012-10-18)
売り上げランキング: 700

スポンサーサイト

本屋大賞のノミネート作品10作品が決定!

本屋の店員さんが「今、一番売りたい本」を決定する出版業界のガチンコバトル「本屋大賞」のノミネート作品が発表されましたね。
本日は2014年の本屋大賞ノミネート作品をご紹介するとともに、本屋大賞受賞作品を予想していきたいと思います


教場
教場
posted with amazlet at 14.01.27
長岡 弘樹
小学館
売り上げランキング: 1,003

君には、警察学校を辞めてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。前代未聞の警察小説!



去年の冬、きみと別れ
中村 文則
幻冬舎
売り上げランキング: 3,553

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は、二人の女性を殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けていた。調べを進めるほど、事件の異様さにのみ込まれていく「僕」。そもそも、彼はなぜ事件を起こしたのか?それは本当に殺人だったのか?何かを隠し続ける被告、男の人生を破滅に導いてしまう被告の姉、大切な誰かを失くした人たちが群がる人形師。それぞれの狂気が暴走し、真相は迷宮入りするかに思われた。だが―。日本と世界を震撼させた著者が紡ぐ、戦慄のミステリー!



さようなら、オレンジ (単行本)
岩城けい
筑摩書房
売り上げランキング: 1,951

「私は生きるために、この異国にやってきた。
ここが今を生きる、自分のすべてなのだ。」



島はぼくらと
島はぼくらと
posted with amazlet at 14.01.27
辻村 深月 五十嵐 大介
講談社
売り上げランキング: 6,441

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。



聖なる怠け者の冒険
聖なる怠け者の冒険
posted with amazlet at 14.01.27
森見 登美彦
朝日新聞出版 (2013-05-21)
売り上げランキング: 3,944

「何もしない、動かない」ことをモットーとする社会人2年目の小和田君。
ある朝目覚めると小学校の校庭に縛られていて、隣には狸の仮面をかぶった「ぽんぽこ仮面」なる怪人がいる。
しかも、そのぽんぽこ仮面から「跡を継げ」と言われるのだが……
ここから小和田君の果てしなく長く、奇想天外な一日がはじまる。



想像ラジオ
想像ラジオ
posted with amazlet at 14.01.27
いとう せいこう
河出書房新社
売り上げランキング: 600

耳を澄ませば、彼らの声が聞こえるはず。ヒロシマ、ナガサキ、トウキョウ、コウベ、トウホク…。生者と死者の新たな関係を描いた世界文学の誕生。



とっぴんぱらりの風太郎
万城目 学
文藝春秋
売り上げランキング: 675

天下は豊臣から徳川へ―。重なりあった不運の末に、あえなく伊賀を追い出され、京(みやこ)でぼんくらな日々を送る“ニート忍者”風太郎。その人生は、1個のひょうたんとの出会いを経て、奇妙な方向へ転がっていく。やがて迫る、ふたたびの戦乱の気配。だましだまされ、斬っては斬られ、燃えさかる天守閣を目指す風太郎の前に現れたものとは?



村上海賊の娘 上巻
村上海賊の娘 上巻
posted with amazlet at 14.01.27
和田 竜
新潮社
売り上げランキング: 574

和睦が崩れ、信長に攻め立てられる大坂本願寺。海路からの支援を乞われた毛利は村上海賊に頼ろうとした。その娘、景は海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女だった…。



昨夜のカレー、明日のパン
木皿 泉
河出書房新社
売り上げランキング: 1,336

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ----7年前、25歳で死んだ一樹。遺された嫁のテツコと一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフの何気ない日々に鏤められたコトバが心をうつ連作長篇。



ランチのアッコちゃん
柚木 麻子
双葉社
売り上げランキング: 2,291

屈託を抱えるOLの三智子。彼女のランチタイムは一週間、有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。
大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。
そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。
表題作ほか、前向きで軽妙洒脱、料理の描写でヨダレが出そうになる、読んでおいしい短編集。





以上、10作品が今年の本屋大賞ノミネート作品です。
全ての作品を読んだわけではないのですが、私のオススメは森見 登美彦さんの「聖なる怠け者の冒険 聖なる怠け者の冒険」と、いとうせいこうさんの「想像ラジオ」です。

「聖なる怠け者の冒険」は森見さんのあの世界観や、読み終えた後にストンと何も無い空間に落とされるような感覚が気持ちいい作品です。サスペンス、ミステリーというよりファンタジーな世界観が良い感じ~

「想像ラジオ」のほうはもう、久しぶりに本を読んで涙が止まらなくなりました。男は簡単に泣くもんじゃないと教えられましたが、コレばかりは涙を抑えられませんでした。ぜひ、普段本を読まないというような人にも読んでもらいたい作品です。

この2作は本当にオススメ。どっちも賞を取って欲しいんですが、ん~~~
「想像ラジオ」が大賞を取りそうな気がします


堀江貴文「ゼロ」を買ってきた!!これはすごく面白い!!

いやあ、ついに買ったよ

堀江貴文著 「ゼロ」

PB010096.jpg

以前、cakesで先行公開していることをお伝えしたゼロが本日発売となりました
参考:cakesでホリエモンの新書「ゼロ」を読もう


仕事終わりに本屋に寄って購入し、電車のなかでパラパラと読みながら帰ってきたのですが

まあ、面白いのなんの

ページがぐんぐん進んでいきます

なかでも印象的だったのはホリエモンの死生観についてですかね

「死ぬのなんて怖くない」
なんて言いそうなイメージを勝手に持っていたのですが、本人の考えは真逆で「死ぬのが怖い」ということでした


死を忘れるために全力疾走し、死を打ち消すために生を充実させている



これがパラパラとページをめくっているなかで、強烈に頭に入ってきました

そんな多くの人が知らない堀江貴文の一面を知ることが出来るのはこの本だけではないでしょうか?
PB010097.jpg



これからがっつり読む!!

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

ゼロ
ゼロ
posted with amazlet at 13.11.01
ダイヤモンド社 (2013-11-05)
売り上げランキング: 15


金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
堀江貴文
徳間書店
売り上げランキング: 1,964

【書評】MEGWINの「YouTubeで小さく稼ぐ」を読んで働くことについて考えたぜMAJIDE!!

オレがオレにオンデマンド!!


みなさんは、この「オレがオレにオンデマンド」って言葉知ってますか?


この言葉は日本トップのYouTuberであるMEGWINの言葉です


MEGWINYouTube365日毎日動画をアップし続けている、ネットコメディアンです

YouTuberというのはオリジナル動画をYoutubeにアップして公開している人々のことです。いわゆる、ブログやってる人をブロガーと呼ぶようにYouTubeやってる人にもこんな呼び方があるんですね

そのMEGWINの著書「YouTubeで小さく稼ぐ」が単なるYouTubeのノウハウ本かと思ったら思いのほか良い本だったので、その書評、レビューをご紹介いたします!!

YouTubeで小さく稼ぐ
PA270051.jpg

MEGWINTV 面白動画&お笑いライブ開催中!!

続きを読む

続きを読む

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
都内でシステムエンジニアをやっているジョニーです。
金沢での大学生活を過ごした後、都内のシステム会社に就職。
現在は自分の本当にやりたいことを模索中。

音楽と映画と洋服が好きで週末になるとバンドの練習や映画館、知り合いの洋服屋を行ったり来たりしております。

人気記事

朝ドラ「ごちそうさん」が全く面白くない5つの理由

巷じゃ朝ドラ「ごちそうさん」が大人気!?

たった3日でブログのアクセスが10倍以上になった、たった4つのコツ

The Birthday 『BLACK DOCTOR FIGHT AGAIN 12 NIGHTS』 Tour Final 新木場 STUDIO COAST

大好きなバンドThee Michelle Gun Elephantの新しいDVD BOXを買ったT

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。