FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに日本企業がChromebookを発表!値段も3万円以下!

ただいま家電見本市であるCES2014がアメリカ・ラスベガス開催されております

そのなかで、ついに、東芝からChromebookが発表されました!

本日はその発表されたChromebookのご紹介です。

1.Chromebookとは?
Chromebook(クロームブック)は、Googleが開発しているオペレーティングシステム「Google Chrome OS」を搭載しているノートパソコンのシリーズ。
Chromebox (クロームボックス)は、そのデスクトップのシリーズのこと。
データやアプリケーションはGoogleのオンラインストレージに保存される。そのため、マシンが破損、消失した場合でも新しい Chromebookを用意することでデータを簡単かつ安全に復元できる。


2.Chromebookのメリット
ChromebookはWindowsマシンやMacに比べて安価であることが挙げられます。
また、先に述べたようにデータの復元や管理がオンラインストレージで行われるので取り扱いが便利です。
電源投入からOSの起動まで10~15秒と早いこともあり、ストレスなくPC環境を立ち上げることが可能です。


3.Chromebookのデメリット
デメリットとしては、まだ普及が十分ではないこともあり対応ソフトが少ないことが挙げられます。
WindowsやMacを使っていた人にとってはそれらのOSで使えていたアプリケーションが使うことが出来ない状況も考えられます。


4.東芝製Chromebookのスペック
ディスプレイ : 13.3インチディスプレイ(1366×768)
CPU : Intel Celeron(Haswell)
メモリ : 2GB
ストレージ : SSD(16GB) , Googleドライブ (100GB)
インターフェイス :USB3.0ポート×2 , HDMIポート , メモリーカードリーダー
無線通信 : Bluetooth 4.0 , 無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n)
バッテリー駆動時間 : 9時間
本体質量 : 約1.49kg

100GBのオンラインストレージは魅力的ですね。
CPUの性能が心配ですがまあ、用途として重い処理などに使うようなPCではないので十分なのでしょう。
バッテリー駆動時間が9時間と長時間の使用にも耐えることができるみたいなのも嬉しいですね。

さて、気になるお値段はなんと290ドル(約2万8千円)とのこと。

日本での発売はまだ未定ですが、日本でも発売が決定したら是非1台は欲しいマシンですね。

Samsung Chromebook Wi-Fi 11.6インチ 並行輸入品
開発者のためのChromeガイドブック (Google Expert Series)
吉川 徹 あんどうやすし 田中 洋一郎 小松 健作
インプレスジャパン
売り上げランキング: 399,829

Google Chrome OS ~最新技術と戦略を完全ガイド~
小池良次 中島聡 伊藤千光 太田昌吾 まえだひさこ 向井領治
インプレスジャパン
売り上げランキング: 430,727

スポンサーサイト

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
都内でシステムエンジニアをやっているジョニーです。
金沢での大学生活を過ごした後、都内のシステム会社に就職。
現在は自分の本当にやりたいことを模索中。

音楽と映画と洋服が好きで週末になるとバンドの練習や映画館、知り合いの洋服屋を行ったり来たりしております。

人気記事

朝ドラ「ごちそうさん」が全く面白くない5つの理由

巷じゃ朝ドラ「ごちそうさん」が大人気!?

たった3日でブログのアクセスが10倍以上になった、たった4つのコツ

The Birthday 『BLACK DOCTOR FIGHT AGAIN 12 NIGHTS』 Tour Final 新木場 STUDIO COAST

大好きなバンドThee Michelle Gun Elephantの新しいDVD BOXを買ったT

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。